CRS326-24G-2S+RMのCPUについて

Blog

すでに一部ストアで販売が開始されているCRS326-24G-2S+RMですが、搭載されているCPUはだいぶ良さそうな雰囲気です。

RouterBoard.com : CRS326-24G-2S+RM /
https://routerboard.com/CRS326-24G-2SplusRM

といっても筆者もまだ入手できていないので、パフォーマンスを目視で確認しているわけではないですが、某所で発見したデータシートを見る限りは良さそうです。

比較対象としては、過去に販売されていたCRS226-24G-2S+になると思いますが、こちらに搭載されているAtheros QCA8513はデータシートが見つからないので確実なことは言えないのですが、すくなくともCPU周波数400MHzは非力だなぁと。SFP+についてはスループットは2Gbpsしか出ないということもあり、たぶん10Gbpsに対してどこで保証していたのかと大いに気になるところです。

ちなみにCRS226-24G-2S+はすでにディスコンになっています。

代わってCRS326-24G-2S+RMですが、CPUはMarvellの-BTD4C000というのが使わています。こちらはCPU周波数は800MHzなので、そもそも自力が違うと思います。また搭載CPUに近い型番のデータシートを確認する限りは、「Entry Level/Small-to-Medium Business Switch」と謳われていることもだいぶ期待できるのではないかなと。

そもそもデータシート上では40Gbpsまで(オプションですが)想定されているようなので、そこまで非力さを感じないかもしれません。

ただ、Switching Result見てるんですが、どうみても取り直しているように見えないんですよねぇ・・・

CRS226-24G-2S+RM
Mode Configuration 64 byte 512 byte 1518 byte
kpps Mbps kpps Mbps kpps Mbps
Switching Non blocking Layer 2 throughput 65,476.2 33,523.8 10,338.3 42,345.9 3,576.1 43,427.8
Switching Non blocking Layer 2 capacity 65,476.2 67,047.6 10,338.3 84,691.7 3,576.1 86,855.7
Switching Non blocking Layer 1 throughput 65,476.2 44,000.0 10,338.3 44,000.0 3,576.1 44,000.0
Switching Non blocking Layer 1 capacity 65,476.2 88,000.0 10,338.3 88,000.0 3,576.1 88,000.0
CRS326-24G-2S+RM
Mode Configuration 64 byte 512 byte 1518 byte
kpps Mbps kpps Mbps kpps Mbps
Switching Non blocking Layer 2 throughput 65,476.2 33,523.8 10,338.3 42,345.9 3,576.1 43,427.8
Switching Non blocking Layer 2 capacity 65,476.2 67,047.6 10,338.3 84,691.7 3,576.1 86,855.7
Switching Non blocking Layer 1 throughput 65,476.2 44,000.0 10,338.3 44,000.0 3,576.1 44,000.0
Switching Non blocking Layer 1 capacity 65,476.2 88,000.0 10,338.3 88,000.0 3,576.1 88,000.0

ちなみにCRS326-24G-2S+RMは現在約150ドル程度で販売中です。