RouterOS 6.42.12 [long-term]が公開になっています。

2019-02-13 17:39Blog

stableチャンネルなども動きがありましたが、long-termチャンネルも30日ぶりにアップデートがありました。

更新内容は以下の通り。

*) ipsec - accept only valid path for "export-pub-key" parameter in "key" menu;
*) quickset - fixed "country" parameter not properly setting regulatory domain configuration;
*) smb - fixed possible buffer overflow;
*) w60g - fixed disconnection issues in PtMP setups;
*) winbox - improvements in connection handling to router with open winbox service;
*) wireless - improved antenna gain setting for devices with built in antennas;
*) wireless - show indoor/outdoor frequency limitations under "/interface wireless info country-info" command;

stableでもあったWinboxの接続性の改善のほか、SMB機能を使用した時のバッファーオーバフローの問題の解消、quicksetを使用した時、無線LAN設定時のcountry設定をしていたとしても、無線LAN出力の規制が効いていなかった、などが改善しています。

long-termチャンネルを使用している人は多いと思いますが、無線LAN関係の修正が入っていますので、不具合に覚えがある方は適用を検討してもいいと思います。

v6.42.12 [long-term] is released! – MikroTik