RouterOS 6.45.3 [stable]がリリースされました。

Blog

RouterOSのstableチャンネルがアップデートされたようです。

What's new in 6.45.3 (2019-Jul-29 12:11):
Important note!!!
Due to removal of compatibility with old version passwords in this version, downgrading to any version prior to v6.43 (v6.42.12 and older) will clear all user passwords and allow password-less authentication. Please secure your router after downgrading.
Old API authentication method will also no longer work, see documentation for new login procedure:

*) certificate - renew certificates via SCEP when 3/4 of lifetime reached; *) crs317 - fixed multicast packet receiving (introduced in v6.45); *) hotspot - fixed default profile values not being used (introduced in v6.45); *) rb4011 - fixed SFP+ interface linking (introduced in v6.45.2); *) smips - reduced RouterOS main package size (disabled LTE modem, dot1x and SwOS support); *) supout - fixed SIM slot printing (introduced in v6.45); *) wireless - improved U-APSD (WMM Power Save) support for 802.11e;

更新は二週間ぶりですかね。

更新内容は少なめですが、RB4011でSFPが正しく認識せずリンクアップしない件が修正されているほか、smips向けのパッケージのサイズ容量がLTEを無効化、802.1xやSwOSのサポートを無効化することで見直されています。

また無線LANについてもWMM-Power Saveの対応について、さらなる向上が図られているようです。

ちなみにダウンロードページは更新されているのですが、RouterOSの自動更新側はこの記事を書いている時点(2019/8/2 10:30)ではなぜか更新されていません。

また、フォーラムについてもスレッドが作成されていないので、どういう状況なのかなと混乱しているところです。

まぁそのうち更新されると思いますが、急いで確認したい方はダウンロードページから手動でダウンロードするようにしてください。