RouterOS 6.47.2 [stable] がリリースされました。

Blog

はじめに

約40日ぶりのアップデートになりますかね。新型コロナウィルスの影響や海外における夏休み月間のため、間隔が開いている状態が続いていますが、それでもアップデートされているのを見ると安心?します。

更新内容

Changes in this release:

*) arm - improved stability when forcing 25G speed on unsupported interface;
*) crs3xx - fixed QSFP+ interface LEDs when using break-out cable for CRS326-24S+2Q+;
*) crs3xx - fixed QSFP+ interface linking after reboot for CRS326-24S+2Q+ (introduced in v6.47);
*) discovery - use "static" interface list by default instead of "!dynamic";
*) fetch - show status "uploaded" instead of "downloaded" when uploading a file;
*) hotspot - do not verify Hotspot interface status when detecting if HTTP/HTTPS login method is allowed;
*) interface - added new builtin "static" interface list;
*) l2tp - fixed multiple tunnel establishment from the same remote IP address (introduced in v6.47);
*) lora - fixed "spoof-gps" parameter padding (introduced in v6.47.1);
*) lte - fixed dynamic DHCP client creation when editing APN profile;
*) ospf - fixed case when changing one distribution metric changed metrics for other distribution options;
*) ppp - fixed PPP interface editing for the first time after reboot or after 20 seconds;
*) qsfp - fixed break-out cable linking after reboot (introduced in v6.47);
*) routerboot - fixed memory test on CCR2004-1G-12S+2XS ("/system routerboard upgrade" required);
*) sfp - stabilized CRS212 SFP port functionality and improved monitoring of optical modules;
*) sftp - fixed "flash" directory access (introduced in v6.46);
*) smb - fixed file path validation (introduced in v6.46);
*) smb - fixed possible memory leak;
*) smb - fixed SMB server (introduced in v6.47);
*) smb - limit active session count to 5 per connection;
*) snmp - fixed "current" value reporting on CCR series devices;
*) snmp - fixed "fan-speed" value reporting on CCR series devices;
*) wireless - added support for U-NII-2 for cAP ac;
*) wireless - updated "indonesia5" regulatory domain information;
*) www - improved WWW service stability when receiving bogus packets;

コメント

更新内容として見ておく部分としては、最近Routerboard製品として採用の増えてきた40G、いわゆるQSFP+向けの機能修正が入っています。ちなみにTestingでも多くの機能追加・修正が入っているので、こちらのブランチにもそのうちマージされてくるんだと思います。

少なくとも日本の多くのユーザー?が喜ぶようなアップデートは明示される形では含んでいないようです。

ちなみに併せてTestingの方にもアップデートは来ています。

公式フォーラムの方を確認してみると、アップデートがうまくいかない、アップデートされたとしてもFirmwareのアップデートがうまくいかない、CPUが1コアに偏り使用率が100%のまま、などの報告が入っています。ただ世間的には夏休みであるため報告は少なめです。

公式サイト