[お知らせ] channelのネーミングが変更になったようです。

2018-09-11 21:15Blog

RouterOSのChannelのネーミングが変更になるようです。

今までRouterOSのChannelは以下の3つが存在していました。

  • Bugfixed-only version is the most stable release without new features, just most important fixes. Updated rarely, only when a critical issue is found in a bugfixes-only release.
  • Current includes the same fixes plus improvements and new features. Once a current release has been tested for several months, it is promoted to bugfix-only and is no longer updated with features.
  • Release candidate released a few times per week. Includes newest features, released without intensive testing. Not recommended for production.

こちらが、2018年9月11日からは以下のようになります。

!) upgrade – release channels renamed – “bugfix" to “long-term", “current" to “stable" and “release candidate" to “testing";
!) upgrade – “testing" release channel now can contain “beta" together with “release-candidate" versions;

https://mikrotik.com/download/changelogs/testing-release-tree
2018年9月11日 以降は

bugfixはLong-termに、currentはstableに、release candidateはtestingになります。

今まで、どのように違うのか、若干分かりにくかったところがありますが、明確に用途をChannelのネーミングにしたことで分かりやすくなったのではないでしょうか。

今まで昔から使用している人には、それなりに理解されていましたが、最近からご使用になっている方には、bugfixとcurrentって何が違うの?と、はてなを浮かべていた方もいらっしゃったようなので、これは良い対応だと思っています。

testingチャンネルにはこれから、"beta"と"release candidate"が含まれる形になるようです。(たぶんalphaとかもありそうですけど、Mikrotik社内向けとか、個別対応向けのネーミングになりそうな気がします)