ニュースレター86号 (2018年12月版)が公開されました。

最近は1月ごとに発行されている、Mikrotikのニュースレターの最新版が公開されました。

PWR-LINE AP

ぱっと見は無線LANのエクステンダーのように見えますが、まさかの高速電力線通信、通称PLC (Power Line Communication)ですね。

最近は日本でもだいぶ下火になってしまいましたが、Mikrotikは投入してきたようです。電源プラグはEUタイプとUSタイプが用意されています。エクステンダーとして使用するだけなら、USタイプなら日本国内でも使用できるのではないでしょうか。

スペックは必要最低限という感じで、有線側は100Mbps、無線LANについても2.4GHzのみの対応となっています。

MikroTik
MikroTik is a Latvian company which was founded in 1996 to develop routers and wireless ISP systems. MikroTik now provides hardware and software for Internet co...

wAP, LtAP mini, LHG and SXT kits for LTE bands 3,7,20,31,41n,42 and 43

既存のwAP、LtAP mini、LHG、SXTのLTE/4G対応モデルがラインナップに追加されました。一応Band1とかもあるので、国内でも使用自体は出来るでしょうが、とりあえず技適認証は難しいかもしれません。どうしても欲しい場合は、国内の代理店さんにお願いの連絡をするようにしましょう。

mount kit for RB4011 series

もう皆さま、RB4011は入手されましたでしょうか? 筆者は諸事情によりまだ入手できていません。そのRB4011ですが、基本的にはデスクトップモデルとなるのですが、そちらをラックマウントするための金具が出ています(YAMAHAさんとかもこの手の製品出してますね)。

とりあえずこの手の製品はラックマウントしないと気が済まない、という方は入手を検討してはいかがでしょうか。

最後に

2018年最後の締めくくりに、面白い製品が出てきました。日本国内に入ってくるかは不明ですが、触る機会があれば触ってみたいですね。

相変わらずRouterOS v7については2018年も公開されることはなさそうですが、フォーラムではチラッと漏れているところが確認されていたりします。バージョンはアルファっぽかったですが、それでも開発は進んでいるようですし、v6の時はbetaから一般に公開された経緯もあるので、もしかしたら2019年こそ、という想像もできそうです。

MikroTik News December 2018 (Issue #86) - MikroTik
タイトルとURLをコピーしました