RouterOS 6.44.1 [stable] が公開されました。

2019-03-15 09:05Blog

6.44のstableがリリースされてから約二週間ですが、そちらの機能修正が主な内容となった6.44.1がリリースされました。

更新内容は以下の通り。

Changes in this release:
*) bridge - fixed possible memory leak when using "ingress-filtering=yes" on bridge interface;
*) certificate - force 3DES encryption for P12 certificate export;
*) dhcp - fixed dual stack queue addition;
*) dhcpv6-server - use MAC address for RADIUS user when "allow-dual-stack-queue=yes";
*) e-mail - fixed missing "from" address for sent e-mails (introduced in v6.44);
*) gps - increase precision for dd format;
*) gps - removed unnecessary leading "0" for dd format;
*) ipsec - allow identities with empty XAuth login and password if RADIUS is enabled (introduced in v6.44);
*) ipsec - fixed dynamic L2TP peer and identity configuration missing after reboot (introduced in v6.44);
*) ipsec - use "remote-id=ignore" for dynamic L2TP configuration (introduced in v6.44);
*) ipv6 - do not allow setting "preferred-lifetime" longer than "valid-lifetime";
*) lte - do not show "session-uptime" if session is not up;
*) lte - fixed LTE interface band setting on RBSXTLTE3-7 (introduced in v6.44);
*) rb4011 - fixed ether10 failing to auto negotiate link speed to 1Gbps;
*) winbox - added "use-local-address" parameter in "IP/Cloud" menu;
*) wireless - fixed antenna gain setting on RBSXT5nDr2;

見た限りでは機能追加はなく、動作改善や機能修正が主な内容のようです。

以前からdhcpでのdual stack queue周りの改善を行っているようですが、それらが入っています。

また、E-mail送信機能で、送信メールからfromが6.44で漏れてしまっていた件が修正されています。

IPsecについても、再起動後に動的に設定されるL2TPピアおよびID設定が見つからない件について修正が入っています。

小幅な修正ですが、dhcpやipsec周りの動作で問題が発生しているようならば適用を検討してください。

MikroTik Routers and Wireless – Software

余談ですが・・・

筆者、最近私生活が忙しいため、情報収集等が滞っております。なるべく最新情報を追うようにしておりますが、記事にするまで時間がかかる恐れがありますがご了承くださいませ。