RouterOS 6.46.6 [stable] がリリースされました。

Blog

新型コロナウィルスの影響で色々と生活そのものが変わっている方も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

MikroitkのRouterOSの方は順調?にアップデートを重ねていますが、今回のは少し様子を見たほうがいいような気もします。

更新内容

Important note!!!

- The Dude server must be updated to monitor v6.46.4+ and v6.47beta30+ RouterOS type devices.
- The Dude client must be manually upgraded after upgrading The Dude server.
- The Dude requires "winbox" policy instead of "dude" to monitor v6.46.4+ and v6.47beta30+ RouterOS type devices.

Changes in this release:

*) crs3xx - fixed switch rule "dst-port" parameter for IPv6 traffic on CRS305-1G-4S+, CRS326-24G-2S+, CRS328-24P-4S+, CRS328-4C-20S-4S+, netPower 15FR devices;
*) defconf - fixed default IP address assigning on non-paired 60 GHz devices;
*) lora - added "altitude", "latitude" and "longitude" to stat json if GPS is available;
*) lte - fixed "band" value setting when configuration is reset on R11e-4G;
*) snmp - fixed "ifSpeed" reporting for tunnel interfaces;
*) snmp - fixed multiple LTE interface OID reporting;
*) ssh - fixed SHA256 user authentication algorithm checking (introduced in v6.46.4);
*) winbox - fixed memory leak (introduced in v6.46.4);
*) winbox - increased limit of multi-entry fields to 100;
*) wireless - improved 5GHz interface stability on RB4011iGS+5HacQ2HnD and Audience;
*) wireless - improved system stability on hAP ac^2;
*) wireless - updated "south africa" regulatory domain information;

コメント

とりあえず気がついたことといえば、リリースチャンネルがなぜかTestingと表示されますが、こちらは既にMikrotikは認識しているようですぐに直りそうな感じです(同じバージョンで上書きするのか、マイナーバージョンアップされるのかは不明です)。ただどうしてこういう間違いが混入しちゃうんですかね・・・。

OSPFやL2TP/IPsecの不具合についても修正されていないという書き込みが見られます。少なくとも報告者に対してレスポンスが無いようです。

あと、筆者が気がついたのは、Winboxで接続した際、System > routerboard を確認したとき、Firmwareのアップデートが必要ない際にステータスバーにその旨が表示されるのですが、その部分のレイアウトがおかしいですね。

ダウンロード

公式フォーラム