RouterOS 6.47.7 [stable]がリリースされました。

Blog

はじめに

更新されていたのにブログの方、アップデートしておりませんで申し訳ありません。

短期間の間ではありますがstableのアップデートが続いています。

更新内容

What's new in 6.47.7 (2020-Oct-27 13:27):

*) crs3xx - improved system stability on CRS354 devices;
*) defconf - improved default configuration generation on devices without wireless package installed;
*) poe - fixed automatic PoE firmware upgrade procedure;
*) poe - improved PoE-out status detection;
*) wireless - updated "kazakhstan" regulatory domain information;
What's new in 6.47.6 (2020-Oct-21 10:41):

*) cap - fixed L2MTU path discovery;
*) crs3xx - fixed hardware offloaded LACP bonding on Ethernet interfaces for CRS354 devices;
*) crs3xx - fixed switch rules for CRS309 and CRS317 devices (introduced in v6.47.3);
*) defconf - fixed default configuration loading on RBmAP-2nD;
*) dhcpv4-client - fixed DHCP offer packet parsing with overload option present;
*) dhcpv6-server - properly save bindings when executing "make-static" command;
*) fetch - improved SSL handshake processing;
*) ike1 - allow using "my-id" parameter with XAuth;
*) leds - fixed LED type setting;
*) lora - expose "joinEui" un "devEui" values in the log;
*) lte - fixed multiple APN passthrough on R11e-4G;
*) lte - improved EARFCN reporting in 3G and LTE modes on Sierra modems;
*) lte - limit allowed APN count to 3 on R11e-LTE;
*) mpls - fixed duplicate "LabelRelease" message sending;
*) ospf - optimized LSA printing for smaller message sizes;
*) radius - added "Service-Type" attribute to Access-Request for IPv4 and IPv6 DHCP servers;
*) smips - reduced RouterOS main package size;
*) switch - fixed Ethernet padding for small packets;
*) user - improved WinBox and The Dude authenticated session handling;
*) vrrp - made "password" parameter sensitive;
*) w60g - general stability and performance improvements;
*) wireless - added support for US FCC UNII-2 and Canada country profiles for NetMetal series devices;
*) wireless - fixed incorrect wireless capability information in association response frames;
What's new in 6.47.5 (2020-Oct-08 06:48):

(factory only release)

コメント

6.47.5はMikrotik内部でのみリリースされ、実際には6.47.6がリリースされた形です。しかし、その一週間後にCRS3xxシリーズの動作安定性向上、PoE周りの動作改善が行われました。

ベースとなる6.47.6を確認してもやはりCRS3xxシリーズの動作安定性向上がメインであり、そこにLoRaやLTE周りの動作改善が行われているという印象です。

筆者宅でもCRS112などのPoEスイッチが稼働していますが、今回のアップデートで特に変わったところはありません。

公式フォーラムを確認する限り、最近にしては大きな問題が起きていないように見えます。しかし、RB951Ui-2HnDにおいてboot loopが発生するようになり、今のところ改善する方法としてはnetinstallしかなかった、という報告がなされています。

公式サイト