ニュースレター75号が公開になりました。

2017-01-28 11:05Blog

Mikrotikのその時の最新情報が掲載されるニュースレターの75号が公開になりました。

今回は日本で来そうなのはCSS(Cloud Smart Switch)だけかなぁと。

cAP lite

Access Point向けの機材になります。2.4GHz対応のデュアルチェインのものになります。一応300Mbps対応ですね。どちらかというとCAPsMANのCAPsとして使用するためのもののようです。メーカー販売価格も29ドルなので、どちらかというとAPをばらまいて設置するものでしょう。

面白いのは天井設置用と壁設置用の2つのケースが用意されていることです。また、例として3Dプリンタでケースを自作するのも良いとされています。

日本では2.4GHzのみの対応だと訴求力がないものですが、アジアの一部の地域などでは安価な環境づくりに向いているのでしょう。

Product specifications

Details
Product codeRBcAPL-2nD
CPU nominal frequency650 MHz
CPU core count1
Size of RAM64 MB
10/100 Ethernet ports1
Wireless standards802.11b/g/n
Wireless chip modelQCA9533
Supported input voltage5 V – 60 V
PoE in802.3af/at
DimensionsWall case: 88 x 52 x 20 mm Ceiling case: ⌀88 mm x 20 mm
Operating SystemRouterOS
Tested ambient temperature-40°C .. +70°C
License level4
Antenna gain DBI1.5
CPUQCA9533
Max Power consumption4W
Number of chains2
Storage typeFLASH
Storage size16 MB
Suggested price$29

DISC Lite5

こちらは打って変わって、5GHz対応のアンテナユニットになります。どちらかというとこっちはポイントツーポイントに使用するもののようです。こちらもメーカー販売価格48ドルなので安価なユニットとして販売されるものと思われます。

Product specifications

Details
Product codeRBDisc-5nD
CPU nominal frequency600 MHz
CPU core count1
Size of RAM64 MB
10/100 Ethernet ports1
Wireless chip modelAR9344
Wireless standards802.11a/n
Supported input voltage11 V – 30 V
PoE inYes
Dimensions⌀ 265mm, height: 80mm
Operating SystemRouterOS
Tested ambient temperature-40°C .. +70°C
License level3
Antenna gain DBI21
CPUAR9344
Max Power consumption6W
Number of chains2
Storage typeFLASH
Storage size16 MB
Suggested price$48

CSS326-24G-2S+RM

Cloud Smart Switch、略してCSSだそうです。たぶんですが、CRS226の廉価モデルということになると思います。

なぜ廉価モデルというと、RouterOSではなくSwOSを採用しているからです。SwOSはだいぶ古くからMikrotik製品で採用されているのですが、どうにも設計思想が古く、色々と機能が足りていない感じです(SNMPが今更v1にしか対応していないなど)。

Switch ChipはMarvellを採用しているということで、もしかしたらCRS226で言われていた非力さが改善されている可能性もあります。また、10Gbps SFP+についてももしかしたらパフォーマンスが期待できるかも、という感じです。

ただ筆者的に購入したいかと言われれば・・・。

Product specifications

Details
Product codeCSS326-24G-2S+RM
10/100/1000 Ethernet ports24
Power Jack1
PoE inYes
Supported input voltage8 V – 30 V
Dimensions440 x 144 x 44 mm
Operating SystemSwOS
Tested ambient temperature-40°C .. +70°C
Max Power consumption19W
SFP+ ports2
Storage typeFLASH
Storage size2 MB
Suggested price$139

CRS106-1C-5S

Cloud Router SwitchシリーズのSFPスイッチになります。

また、面白いことに、背面にCombo portが用意されているものになります。

あまり日本国内ではSFPスイッチのオフィスなどでの採用というのは見かけないのですが、ヨーロッパなどではあるということなのでしょうか。

とりあえずのFibreスイッチが欲しいときは重宝するかもしれません。

Product specifications

Details
Product codeCRS106-1C-5S
CPU nominal frequency400 MHz
CPU core count1
Size of RAM128 MB
10/100/1000 Ethernet ports1
Power Jack1
PoE inYes
Supported input voltage11 V – 30 V
Dimensions114 x 137 x 29mm
Operating SystemRouterOS
License level5
CPUQCA8511
Max Power consumption11W
SFP ports6
Serial portRJ45
Storage typeFLASH
Storage size16 MB
Suggested price$59

TR-069対応

TR-069 – Wikipedia | https://en.wikipedia.org/wiki/TR-069

ブロードバンドフォーラムが標準化を行っているエンド・ユーザ機器(CPE: Customer Premises Equipment)の遠隔管理のためのアプリケーション層プロトコル、だそうです。

機器の遠隔管理のためのプロトコルだと思うのですが、無線LAN機器などにはうってつけなのではないでしょうか。

たしかCiscoなども採用していたと思うので、この手の機器では採用されるのがスタンダードになりつつあるのかもしれません。エンタープライズ向けの機能を採用してくるのも、いい傾向だと思います。

SwOSとRouterOSのDual boot対応

CRS326で予告されているとおり、CRS326はRouterOSとSwOS2つを切り替えてbootできるようになるようです。RouterOSほど機能は不要な場合はSwOSを使用するなど切り替えができるようになります。

切り替え自体は更に下で動作するRouterBOOT側で切り替えるようにするみたいですが、どんな感じになるのでしょうね。願わくばバグが多く潜むことにならなければいいのですが・・・。