RouterOS 6.40.1[current] が公開になりました

Blog

RouterOSのstableブランチがバージョンアップしました。期間をおかずにアップデートされましたが、どうやらマイナーアップデートのようです。

更新内容は、並行して修正が行われているrcから大きな修正となったものが対象のようです。

What's new in 6.40.1 (2017-Aug-03 12:37):

*) bonding - improved reliability on bonding interface removal;
*) chr - fixed false warnings on upgrade reboots;
*) dhcpv6-client - do not run DHCPv6 client when IPv6 package is disabled;
*) export - fixed export for different parameters where numerical range or constant string is expected;
*) firewall - properly remove "address-list" entry after timeout ends;
*) interface - improved interface state change handling when multiple interfaces are affected at the same time;
*) lte - fixed LTE not passing any traffic while in running state;
*) ovpn-client - fixed incorrect netmask usage for pushed routes (introduced in 6.40);
*) pppoe-client - fixed incorrectly formed PADT packet;
*) rb2011 - fixed possible LCD blinking along with ethernet LED (introduced in 6.40);
*) rb922 - restored missing wireless interface on some boards;
*) torch - fixed Torch on PPP tunnels (introduced in 6.40);
*) trafficgen - fixed "lost-ratio" showing incorrect statistics after multiple sequences;
*) winbox - added "none-dynamic" and "none-static" options for "address-list-timeout" parameter under NAT, Mangle and RAW rules;

bondingの信頼性向上などがありますが、こちらはどのような症状かは筆者は把握できていません。とはいえ記載されるぐらいですので、構成しても思った通りの動作をしなかったなどではないかとおもいます。

OpenVPNについては、Serverから指定されるネットマスクについて誤った値を使用してしまう問題が修正されたようです。RouterOS 6.40で混入した問題のようなので使用している方はアップデートしたほうが良いでしょう。

RB2011については、Ethernet LEDの店頭とともにLCDも点灯(というか点滅?)してしまうという問題が修正されたとしています。しかし、公式フォーラムを確認するに、まだFixしていないと報告しているユーザーもいるので、ちょっと注意したほうがいいかもしれません。

余談ですが、Mikrotikからニュースレターの77号が公開になっています。こちらについては近日中に記事を公開しようかと思っています。