RouterOS 6.42.3 [current]が公開になりました。

Blog

RouterOSのcurrentブランチがアップデートされました。前回のアップデートから約一週間程度なので、なにかのセキュリティアップデートかと思いましたが、通常?のポイントリリースみたいですね。

更新内容は少ないです。

RouterOS version 6.42.3 has been released in public "current" channel!

Before an upgrade:
1) Remember to make backup/export files before an upgrade and save them on another storage device;
2) Make sure the device will not lose power during upgrade process;
3) Device has enough free storage space for all RouterOS packages to be downloaded.

What's new in 6.42.3 (2018-May-24 09:20):

*) lte - fixed automatic LTE band selection for R11e-LTE;
*) wireless - improved client "channel-width" detection;
*) wireless - improved Nv2 PtMP performance;
*) wireless - increased stability on hAP ac^2 and cAP ac with legacy data rates;

To upgrade, click "Check for updates" at /system package in your RouterOS configuration interface, or head to our download page: http://www.mikrotik.com/download

If you experience version related issues, then please send supout file from your router to support@mikrotik.com. File must be generated while router is not working as suspected or after some problem has appeared on device

今回は、rcで進んでいたWireless関連の修正が盛り込まれただけのように見えます。

公式フォーラムを確認しましたが、以前から続いていたhAP acとhAP ac^2のスループットが低い件について一応の効果がみられたらしく、以前よりもスループットが出ていることが報告されています。ただ、ポイントツーポイントではまだスループットが不足している、という報告もあるようなので、もう少し修正が続いていくと思われます。

現段階では大きなトラブルは報告されていません。筆者の環境でも3台のmipsbeのRouterboardに適用しましたが、問題はありませんでした。

rcで現在取り入れられている、パスワードのハッシュ変換および保管方法の変更について、こちらはまだ取り込まれていないようです。メジャーリリースとなるv6.43で取り入れられると思われます。

MikroTik Routers and Wireless – Software
https://mikrotik.com/download

v6.42.3 [current] – MikroTik