RouterOS 6.42.10 [long-term] がリリースされました

Blog

画像は関係ありません。

最近は、MUM(Mikrotik User Meeting)が多く開催されているためか、テストリリースは急がずにいるかのように、リリースされていませんでしたが、それを反映してかlong-termが公開されました。

概要

リリースとしては1月半ぶりです。

What's new in 6.42.10 (2018-Nov-14 15:04):
MAJOR CHANGES IN v6.42.10:
----------------------
!) upgrade - release channels renamed - "bugfix" to "long-term", "current" to "stable" and "release candidate" to "testing";
!) upgrade - "testing" release channel now can contain "beta" together with "release-candidate" versions;
----------------------
*) bridge - do not learn untagged frames when filtering only tagged packets;
*) bridge - fixed possible memory leak when VLAN filtering is used;
*) bridge - improved packet handling when hardware offloading is being disabled;
*) bridge - properly disable dynamic CAP interfaces;
*) certificate - fixed time zone adjustment for SCEP requests;
*) crs328 - improved link status update on disabled SFP and SFP+ interfaces;
*) crs328 - improved link status update on disabled SFP+ interface when using DAC;
*) crs3xx - fixed possible memory leak when disabling bridge interface;
*) defconf - automatically accept default configuration if reset done by holding button;
*) defconf - properly load default configuration after reset (introduced in v6.42.9);
*) health - fixed bad voltage readings on RB493G;
*) ipsec - fixed hw-aead (H) flag presence under Installed SAs on startup;
*) ipsec - improved stability when uninstalling multiple SAs at once;
*) ipsec - properly update warnings under peer menu;
*) led - added "dark-mode" functionality for LHG and LDF series devices;
*) led - fixed default LED configuration for SXT LTE kit and wAP 60G AP devices;
*) led - fixed power LED turning on after reboot when "dark-mode" is used;
*) ntp - fixed possible NTP server stuck in "started" state;
*) ospf - improved stability while handling type-5 LSAs;
*) romon - improved packet processing when MTU in path is lower than 1500;
*) routerboard - renamed SIM slots to "a" and "b" on SXT LTE kit;
*) routerboard - show "boot-os" and "force-backup-booter" options only on devices that have such feature;
*) timezone - updated timezone information from tzdata2018g release;
*) traffic-flow - fixed post NAT port reporting;
*) traffic-flow - fixed "src-mac-address" and added "post-src-mac-address" fields;
*) tunnel - made "ipsec-secret" parameter sensitive;
*) usb - fixed power-reset for hAP ac^2 devices;
*) w60g - fixed misleading license level requirement log message;
*) w60g - fixed "scan" functionality when in bridge mode;
*) w60g - renamed "frequency-list" to "scan-list";
*) winbox - allow to specify SIM slot on LtAP mini;
*) winbox - enabled "fast-forward" by default when adding new bridge;
*) winbox - show "System/Health" only on boards that have health monitoring;
*) winbox - show "W60G" wireless tab on wAP 60G AP;

long-termリリースなので、大きな機能変更等はありません。

bridgeインターフェースの安定性向上および、CRSシリーズの無効化されたSFPおよびSFP +インタフェースのリンク状態が更新した際の動作が改善されました。

他にもIPsecの動作改善、LEDのダークモードの追加、traffic-flowのレポート情報の修正、winboxの表示の改善などが行われています。

筆者の手元の環境にある、RB2011、およびRB960PGSに適用してみましたが、今のところブリックするなどの問題は発生していません。

余談

その1

また、MikrotikのAndroidアプリ、TikAppはMikrotikに改称しましたが、引き続きテスト中のようです。今のところ大きな変更点はUIの改善、ということになるのでしょうか?

その2

公式のフォーラムを閲覧していた人は気が付いたかもしれませんが、一時期、RouterOS v7のbetaバージョンが流出していたようです(現在は削除されています)。

ユーザーの間ではv7は存在しないのではないかとまで危ぶまれていたv7ですが、とりあえず開発はされているようです。筆者としては安心しました。
ただ、いつ頃になるのか、この辺りは不安になります。