RouterOS 6.40.5 [current] が公開になりました。

Blog

一ヶ月ぶりですが、Currentブランチがマイナーバージョンアップをしたようです。

今回の更新内容は少なめです。

What's new in 6.40.5 (2017-Oct-31 13:05):

*) certificate - fixed import of certificates with empty SKID;
*) crs3xx - fixed 100% CPU usage after interface related changes;
*) firewall - do not NAT address to 0.0.0.0 after reboot if to-address is used but not specified;
*) ike1 - fixed crash after downgrade if DH groups 19,20,21 were used for phase1;
*) ike1 - fixed RSA authentication for Windows clients behind NAT;
*) ipsec - fixed lost value for "remote-certificate" parameter after disable/enable;
*) ipv6 - fixed IPv6 addresses constructed from prefix and static address entry;
*) log - properly recognize MikroTik specific RADIUS attributes;
*) lte - do not reset modem when it is not possible to access SMS storage;
*) lte - fixed modem initialization after reboot;
*) lte - fixed PIN option after setting up the band;
*) sms - include time stamps in SMS delivery reports;
*) sms - properly initialize SMS storage;
*) snmp - fixed "/system license" parameters for CHR;
*) winbox - allow shorten bytes to k,M,G in Hotspot user limits;
*) wireless - fixed rate selection process when "rate-set=configured" and NV2 protocol is used;

CRS317のRouterOSへの対応が進んでいる他、LTE向けのいくつかの修正、無線LANのレートの項目での修正などがあります。

バージョンアップについては、いつもどおり以下の手順で行うことができます。

/system > package > check for updates

筆者の環境では、mipsbeなRouterboardに適用したところ問題は発生していないのですが、公式フォーラムを確認する限りでは、起動しなくなった、Netinstallを実施する羽目になったという報告が目立っているように思えます。

v6.40.5 [current] – MikroTik

こちらでも注視するつもりではありますが、不安をお持ちの方はバージョンアップを少しの間見合わせたほうが良さそうです。