RouterOS 6.43.4 [stable] がリリースされました。

Blog, Info

おおよそ一か月ぶりにstableブランチがアップデートされました。相変わらずbridgeインターフェースの修正と、W60G関連の機能修正が主な内容です。

What's new in 6.43.4 (2018-Oct-17 06:37):
Changes in this release:
*) bridge - do not learn untagged frames when filtering only tagged packets;
*) bridge - fixed possible memory leak when VLAN filtering is used;
*) bridge - improved packet handling when hardware offloading is being disabled;
*) bridge - properly forward unicast DHCP messages when using DHCP Snooping with hardware offloading;
*) crs328 - improved link status update on disabled SFP+ interface when using DAC;
*) crs3xx - fixed possible memory leak when disabling bridge interface;
*) crs3xx - properly read "eeprom" data after different module inserted in disabled interface;
*) dhcpv4-server - use client MAC address for dual stack queue when "client-id" is not received;
*) dhcpv6-server - fixed dynamic binding addition on solicit when IA_PD does not contain prefix (introduced in v6.43);
*) dhcpv6-server - recreate DHCPv6 server binding if it is no longer within prefix pool when rebinding/renewing;
*) ipsec - allow multiple peers to the same address with different local-address (introduced in v6.43);
*) led - added "dark-mode" functionality for LHG and LDF series devices;
*) led - added "dark-mode" functionality for wsAP ac lite, RB951Ui-2nD, hAP and hAP ac lite devices;
*) led - fixed default LED configuration for SXT LTE kit devices;
*) led - fixed power LED turning on after reboot when "dark-mode" is used;
*) ntp - fixed possible NTP server stuck in "started" state;
*) romon - improved packet processing when MTU in path is lower than 1500;
*) routerboard - show "boot-os" option only on devices that have such feature;
*) traffic-flow - fixed post NAT port reporting;
*) w60g - added "frequency-list" setting;
*) w60g - added interface stats;
*) w60g - fixed interface LED status update on connection;
*) w60g - general stability and performance improvements;
*) w60g - improved stability for short distance links;
*) w60g - renamed "mcs" to "tx-mcs" and "phy-rate" to "tx-phy-rate";
What's new in 6.43.3 (2018-Oct-05 13:12):
(factory only release)
To upgrade, click "Check for updates" at /system package in your RouterOS configuration interface, or head to our download page: http://www.mikrotik.com/download
If you experience version related issues, then please send supout file from your router to [email protected] File must be generated while router is not working as suspected or after some problem has appeared on device

間に6.43.3がありましたが、こちらは開発のみのバージョンとなり非公開です。

bridgeインターフェースについては、TAG付パケットの処理関連の不具合修正、VLANフィルタリングを使用時のメモリーリークする件についての修正、ハードウェアオフロード使用時のパケットの取り回しの修正、ハードウェアオフロード使用時のDHCP snoopingの取り扱いの修正、が主な内容です。

こちらについては、6.43に入ってからずっと修正を行っている状態ですが、ドライバやチップの問題なのか、てこずっている様子がうかがえます。

dhcpv6-server機能については、"rebinding/renewing”が繰り返してしまう動作について修正が入っています。これも前回のバージョンで修正を加えていたはずですが、再度行った模様です。

LEDのダークモードの対応もrcで行われていましたが、対応機器が増えてきています。

W60Gについても精力的に改善が行われており、現状のWifi同様の機能を盛り込むとともに、パフォーマンスの安定性にも手を入れているようです。

というわけで小幅ながらも安定性の向上に努めるような更新内容です。

rcについても以前のように連日行われていることは少なくなり(MUMが多く開催されているせいもあるかもしれませんが)、じっくりと開発をするようにシフトしてきているのかもしれません。

ただ、6.43になってから、iPhone XSでの無線LANの接続に問題が出ているという報告がフォーラムに見られます。こちらについては、サポートなどにも対応を依頼しているようですが、今回の更新内容に該当する項目は見られないので、根が深い問題になるかもしれません。(回避策としては802.11ac使用時に40MHz幅で使用すること、となっています)

問題が発生した場合は、supout.rifファイルを取得したうえで、Mikrotikサポートに連絡するようにしてください。

また、余談ですが、すでにRB4011を入手した人が出てきているようです。パフォーマンスも問題ない、というコメントも見られました。私も欲しいです…